法被のオーダーをする時に決めること

法被のオーダーをするときには決めることがたくさんあります。とくにオリジナルデザインのイラストや文字をプリントしたい場合には、細かい点までチェックをする必要があります。さらに大切なのが、業者の選択です。法被のオーダーを受け付ける業者はたくさんありますが、それぞれの業者には特徴があります。自分が希望しているデザインに対応することが出来る業者を選択することが重要です。業者によっては、希望通りのデザインに仕上がらなかったり、費用が高額になってしまうなどのリスクも伴います。法被のオーダーをするときには、まずは業者選びを慎重に行うことから始めましょう。その後の手続きについては、業者によって異なりますが、デザインの打ち合わせや生地決めがメインとなります。

法被をオーダーする業者選びの方法

オリジナルデザインの法被をオーダーするとき、まずは業者選びから始めます。この業者選びが、最も重要なポイントでもあります。自分に合った業者選びの方法としては、まずは過去の作品をチェックすることです。多くの業者は過去の作品をホームページなどに掲載しています。この作品の傾向をチェックすることで、自分の希望しているデザインに対応することが出来るかをチェックすることができます。他にも、費用面や使用する生地に関してもチェックする必要があります。安く仕上げたいと思って、費用面だけをチェックすると、生地が選択することが出来ない場合があり、薄い生地での作成などの可能性もあります。法被は生地によって仕上がりの雰囲気に大きな違いが出てくるので、使用する生地はとても大切なポイントになります。

オリジナル法被を作るときのポイント

オリジナル法被を作るときのポイントとしては、オーダーする業者選びを慎重に行うだけでなく、使用する生地もきちんと選択する必要があります。法被は使用する生地によって、仕上がりの印象が大きく変わります。一般的な生地としては、綿があります。綿でも厚手のものであれば、伝統的な祭事に使用されているような重みのある雰囲気になります。薄手の綿であれば、学校の応援団などの衣装として最適な雰囲気です。カジュアルで目立たせたい場合には、サテンのような光沢のある生地が向いています。スーパーのセール時や文化祭など、目立たせたい場合には、サテンはカラーバリエーションも豊富で、さらに光沢があるので目を引く法被ができます。用途や仕上げたい雰囲気によって、生地選びを行うことが大切です。

無地はっぴに背中1色プリントを入れて30枚製作した場合 1枚あたり¥2,060税込み となります。 横浜ららぽーと正面入り口よりすぐ近くです! 波柄やファイヤー柄ロングはっぴが¥2,990税込です! 祭りはっぴが 税込み ¥1,290からございます。 学校様に生徒さん踊り用に長いはっぴが大人気です。 法被のオーダー全体デザイン加工等の特注も承ります!