購入するならリサイクルトナーがおすすめ

プリンターを使用していて気になるのは、やはりインクトナーのランニングコストでしょう。プリンターメーカーは主にインクトナーなどの消耗品で収益を得ているため、純正品のインクトナーはとても高い印象を受けてしまいます。プリンターの印刷トラブルや印刷品質を気にするのであれば、純正品のインクトナーを使うのが一番ですが、印刷する頻度が高く、すぐにインクトナーを消費してしまう方には、純正品のインクトナーの購入はとても大きな負担となってしまいます。そこでお勧めするのが、リサイクルトナーの利用になります。リサイクルトナーとは、使用済みのインクトナーの外装をそのまま流用し、中身のインクを再充填して販売するもので、純正品のトナーに対してかなり安い価格で販売されています。ここではリサイクルトナーの基本的な情報を紹介していきます。

リサイクルトナーを購入するメリット

リサイクルトナーを利用する最大のメリットは、純正品と比べて価格が圧倒的に安いということにあります。上述の通り、リサイクルトナーは使用済み製品の部品を再利用し、汎用インクを再充填しているため、開発費がほとんどかからず、複数企業が出すことにより適正価格での提供を可能としています。似たような製品で互換トナーというものがありますが、そちらとは違って純正品の部品をそのまま再利用しているため、互換トナーで発生するプリンターとの相性問題も現れず、模造品ではないので、法的な問題も存在しません。また、互換トナーは基本的に製造者が不具合に対する保証を行っていることは少ないのですが、リサイクルトナーのほとんどは販売者によって手厚い保証制度が用意されています。つまり、ほぼ純正品と同等の安心感で使用できるのです。

リサイクルトナーを使用する注意点

リサイクルトナーは純正トナーに対してコスト面で大きく優れていますが、純正でないだけに問題点もいくつか見受けられます。まず、リサイクルトナーは使用済みのトナーの部品を使用しているため、初期不良の割合が純正品トナーよりも多くなってしまいます。リサイクルトナーは基本的に保証がついているので、緊急でなければ大きな問題ではないでしょう。他にも、リサイクルトナーは純正に比べてカラーインクの色合いが異なる場合があります。文書や資料の印刷などであれば問題ないでしょうが、ポスター印刷など、純正と同じ品質の色を出したいという場合には純正トナーを使用するべきでしょう。以上のことから、一般的な用途ではリサイクルトナーを使用することによる大きなデメリットはないということが分かります。価格面で純正品より圧倒的に優れており、販売者によっては手厚い保証が用意されているので、是非、リサイクルトナーの利用を検討してみるとよいでしょう。

リサイクルトナーを使用することで経費を削減! リサイクルトナーで経費削減に貢献致します! トナーやインクの販売種類が非常に多く、又リサイクル品も扱っていますから、安く早くお客様に適した商品をお探し求めいただけます。 リサイクル品は純正やノーブランド品の使用済みカートリッジを回収し、再利用しているので安く提供することが可能になります。 購入して頂いた商品は1年間品質保証致します! リサイクルトナーのご購入は種類豊富な「Toner.jp」へ