さまざまなメリットがあるリサイクルトナー

パソコンがなくてはならない時代になる中で、同時にそのデータを印刷するためのプリンターも欠かすことのできない設備の一つといえるでしょう。しかしせっかく安価でプリンターを購入することができても、インクやトナーなどのイニシャルコストを避けることはできません。定期的にかかる費用だからこそ、コストは出来るだけ抑えたいところです。そこで覚えておきたいのがリサイクルトナーの存在です。そもそもトナーとはレーザープリンターや印刷機で使用されている粉上のインクのことを指します。インクとは異なり、静電気を利用することで印刷用紙にトナーを転写させ、熱などで定着させることによって印刷することが可能となります。そしてトナーには純正品である純正トナーとリサイクルトナーの二つの種類があることを知っておかなくてはいけません。

純正トナーとリサイクルトナーの違い

プリンターを製造しているメーカーは基本的にリサイクルトナーではなく純正トナーの使用をすすめます。純正トナーは新品であり、なおかつメーカーが売り出している正規のトナーであるからです。使用する側のメリッとしても各メーカーが出している商品ということで安心して購入することができる他、不具合などが起きる可能性も低く高品質です。また万が一トラブルが起きてしまったとしても、保証期間内であれば修理も可能となります。ただしトナーは無くなれば交換しなくてはいけません。純正トナーはどうしても単価が高くなってしまうため、継続して使い続けことを考えるとコストパフォーマンスが良いとは言えないでしょう。リサイクルトナーは純正トナーと比べる3割から5割の価格で購入できるという価格の安さが最大のメリットといえます。

リサイクルトナーを使用することのメリット

リサイクルトナーは純正トナーとは異なり、空になったトナーを回収し洗浄、修理をした後で再度トナーを補充したものになります。入っているトナーの量は純正品のものと変わらないながら、10分の1ほどの値段で購入することが可能な場合もあります。再生品などでエコでもあり、純正品ではもう既に生産が中止となってしまっている型も購入できる可能性があることから様々なメリットがあるといえるでしょう。以前は高確率で不具合が起きる点やカラーの色合いが純正品よりも劣ってしまう点などのデメリットで購入を躊躇する声もあげられていました。しかし最近では品質も向上され業者による保証も手厚くなっています。印刷物における品質やメーカーによる保障をしっかりと受けたい場合は純正トナーの方が向いているといえますが、コスト削減やエコロジーの面を重視したいのであればリサイクルトナーはおすすめです。