リサイクルトナーの魅力について解説

現代のビジネスシーンにおいてパソコンやスマートフォンの進化によりプレゼンテーションの行い方や連絡事項の伝え方などあらゆる作業がインターネットを使ったWEB場でのやり取りに変わってきています。そのため今までは主流だった紙での槍というのが少なってきています、しかしながらまだまだ紙の需要というのは少なくなくほとんどの会社でプレゼンテーションや連絡事項をまとめる際に紙を使用しています。自分でデザインしたものや使用する写真などをまとめてプリンターで印刷し業務に活かします。その際にほとんどの場合に使用されるのがトナーです。紙に色をつけるため使用されるトナーですが、業務などで使用しているとその消耗も激しく経費にも影響が出ます。昨今注目されているのがそのトナーを使い終わったら捨てるのではなくリサイクルしてもう一度使おうという試みでそれを実現しているのがリサイクルトナーです。

リサイクルトナーとはどんなものなのでしょうか

リサイクルトナーとは一体どんなものなのか、その名の通り使いきったトナーをリサイクルしてもう一度使えるようにしたものです。通常、購入して使用するトナーは使用していると消耗してしまいなくなってしまうと色をつけることができなくなってしまいます、その度にまた新しいトナーを購入して装着し直さなければいけないため面倒ですし、また新しいものを購入するため経費もかかってしまいます。トナーは色をつけるための粉のようなものでカートリッジという器に入っています、リサイクルトナーはその粉を使い切ってしまったカートリッジにまた粉を入れ直すといった作業をしてまた使用できるようにします、そのためトナー以外の部分は使用していたものをもう一度使うため、新しいものはほぼトナーだけということになりその分購入する費用もかなり安くなります。また通常トナーというのは産業廃棄物としての処理となるため、リサイクルトナーとして利用することで処分するものを減らし地球の環境保護にも一役買っているとも言えるでしょう。

純正トナーとリサイクルトナーの違いと注意点

リサイクルトナーと純正のトナーではどのように違うのでしょう、まず言えるのがその価格の違いです。リサイクルトナーは付随している部品はそのまま交換せずトナーだけを交換するので安くなっていて、中には純正品の10%、20%程度で購入できる場合もあるほどです。ただリサイクルトナーは純正品のものと比べてその成分などが一定ではないため仕上がりの色合いに多少の違いが出てきてしまいます。必ずしも出したい色にならないかもしれないというところがリサイクルトナーの注意点です。色合いだけではなくやはりトナー以外のところは何度も使いまわしているのでコピー機との接触の悪さや色がうまくつかないなどの不具合も少し多くなるようです。ただそういった不具合も考えられているリサイクルトナーですのでその保証はしっかりしている販売店が純正品を購入する際に比べて多いです。