リサイクルトナーを購入する人が増えています

プリンターのインクは、プリンターのメーカーが推奨しているプリンター品番に適した純正品と互換品、リサイクルトナーなどがあります。純正品と他のインクの大きな違いは価格です。かなり安く販売されているのです。リサイクルトナーとは、使用済みで回収された純正品のカートリッジに、新しいトナーを詰めたものです。プリンターだけでなく、コピーやFAXにいたるまでレーザー方式でプリントされるものにリサイクルトナーが存在しているので、経費削減に厳しい企業でもよく使用されています。リサイクルトナーは純正品と比べ、プリンターが故障してしまうリスクも高いですし、プリンターとの相性でトラブルが発生することがあります。その場合、プリンターメーカーからの保障が受けられないこともありますので、もし使用するなら、少しでも高品質のものを選ぶようにしたいものです。

品質管理基準をクリアしたものを購入します

リサイクルトナーを販売しているお店によって、保証やサポート体制が整っています。リサイクルトナーが不良であった場合の保障や交換が無期限だったり、もしプリンター本体に支障があったり、損害があったりした場合に修理代金の保証のあるショップを選びましょう。サポート体制が整っていれば、余計な心配もせずに安心して使用することができます。純正品とリサイクルトナーの違いは価格だけでなく印字品質にもあります。純正品でプリントアウトしたものは鮮明で美しい出来あがりにもかかわらず、リサイクルトナーでプリントアウトした場合はぼやけていたり、にじんだり、色が上手くでないということもあります。一般的に国内の工場で作られたものは高品質だと言われています。品質管理基準をしめす記号がしっかりと表記されたものを購入するのも忘れないようにしてください。

手厚いサポートをしてくれる販売店をチェックしましょう

純正品のトナーカートリッジやプリンターには、メーカー保証がついていて、しっかりとした品質保証もされていることから純正品にこだわる人もいます。しかし、リサイクルトナーでも販売しているショップによっては純正品よりも保証内容が充実している場合もありますので、コスト削減したい人はそこに注目して販売ショップを選ぶといいでしょう。もしリサイクルトナーに不具合が発生した場合、代替品が届き、プリンターが故障した場合は修理代金の保証があったり、購入商品の品質や印字状態に納得いかない場合は現金返却してくれたりするショップがあります。そして、使用済みカートリッジを回収してくれて、宅配業者がとりにきてくれるという手厚いサポートもあります。メリットもデメリットもあるリサイクルトナーですが、信頼できる販売店が見つかればコスト削減が成功するでしょう。